5Gはいつから日本でサービスがはじまるのか?

5Gのプレサービスがついに先日ドコモでも開始されました。ソフトバンクでもすでに5Gのプレサービスは開始されておりましたが、やはり日本最大手のキャリアであるドコモが5Gのプレサービスを開始したということで5Gの注目度は一気に高まりを見せています。また同時期にiPhone11の販売もあったことから、スマートフォンを中心とする通信業界への関心が高まっているといえます。そんな中、話題に上がるのはいつから5Gはスタートするのかという点です。

今回は、キャリア別にそして地域別にどのような形で5Gははじまっていくのかを予想していきたいと思います。

いつから?を総務省の発表から予測する各社の5Gサービス開始時期

総務省の割当が2019年の4月に発表されましたが、そのさいに各キャリアからだされた計画の内容も公開されておりますので、今回はそこから抜粋して5Gのサービス開始時期を予測したいと思います。

キャリア別の5Gスタート時期

  • NTTドコモ:2020年春
  • KDDI/沖縄セルラー電話:2020年3月
  • ソフトバンク:2020年3月頃
  • 楽天モバイル:2020年6月頃

こちらがキャリアがスタートさせると計画した期日になります。ドコモプレサービスでも一部問題が起こったという話がありますが、それでもこの2020年の春にはリリースされるとみられています。

春という表現でスタート時期の明言を避けているドコモですが、今回のプレリリースの反応や状況および修正事項などを考慮したうえで決まるかと思いますが、他キャリアが3月ということであればドコモは可能であれば2月にはスタートさせていきたいところではないでしょうか。

あくまでも予想でしかありませんが3月には楽天モバイルを除く3大キャリアでスタートすることはほぼ間違いないのではないでしょうか。

5Gいつから?はじめるための障害となりうることとは?

よほどのことが無い限り、日本の5Gスタートはもう目前まできているということですが、現場レベルで漏れ聞いた噂程度ではありますが5Gをスタートするにあたり生涯になっていることがあるといわれています。

以上の三つが今スタートするうえで課題といわれているものになります。アンテナ設置については後述しておりますのでそちらを確認してください。

では残り2つの理由を触れたいと思いますが、とある業者の役員クラスの人の話では今もっとも問題なのは利用するディバイスをどこにするのかという点にあるということだそうです。

今利用できるディバイスとして世界的に有名なところとしてはSamsungやLG、そしてHuaweiですが、いずれも国交が現状として思わしくないところであるということです。

アメリカとの関係性の強い日本は、Huawei製品での5G利用は難しい状況です。さらに韓国との国交が悪化している現状でオリンピックにむけたディバイスなどを含め5Gディバイスの量を確保できるのか、という点が強く懸念されています。

その他の企業として可能性が高いのはSonyのXpediaという機種しか5G対応がみこめない現状です。今後5Gを広げるにあたり、このディバイス問題をどのように解決していくのかが焦点となってきそうです。

5Gの料金設定は縛りなしの割引はうけられるのか?

という点です。

国としては総務省の概算要求などをみていると普及に全力をむけているとこではありますが、一方でキャリアの年数縛りによる割引を規制しています。

韓国ではこのような規制を5Gの普及にともない廃止したおことにより、販売店舗による割引プランで販売台数を伸ばし続けておりLTEよりも圧倒的に速いスピードで普及してきています。

しかし、日本におけるこのような割引規制は5G普及にとっておおきなブレーキになるとしてキャリアは今後このような割引なしにどのように高価である5G無線モデムが搭載された機器を販売するのかにあたまを悩ませているのではないでしょうか。

5Gいつから?5Gはどの地域で利用することができるようになる?

つづいて気になることとして、5Gはどの地域からサービスが開始されるようになるという点です。

大方の予想ははやり首都圏から5Gははじまるというもので、実際に東京都も前のめりで5Gのインフラ整備を取り掛かっています。

東京都が世界でもっとも5G、モバイルネットワークが充実した都市に近づける理由とは

さらに先日に各キャリアがどのような地域から基地局の設置許可をとれたのかという発表が7月にされていますので、そこから5Gがスタートされる予定の地域を予想していきたいと思います。

ドコモの5Gはどこではじまる?免許取得地域

地域 無線局の主な設置場所
北海道 北海道札幌市(計11局)
東北 仙台市(計3局)
関東 東京都千代田区、東京都調布市、千葉県浦安市、横浜市など(計54局)
北陸 石川県金沢市、石川県白山市(計14局)
東海 愛知県豊田市、静岡県袋井市など(計83局)
近畿 大阪府東大阪市、神戸市など(計20局)
中国 広島市、広島県東広島市(計9局)
四国 香川県高松市(計9局)
九州 大分県大分市など(計14局)
沖縄 沖縄県那覇市(計3局)

上記は2019年7月に発表された設置か所となりますので、これよりもさらに基地局は拡大しているものと思われます。また、実際にワールドカップラグビー大会が行われている地域などにもすでに5Gの基地局がある程度あると考えてみてもよいかもしれません。

ちなみに今回のプレサービスが展開されている地域はこちらです。

地区 名称 住所
北海道 ドコモ5GオープンラボHOKKAIDO 北海道札幌市中央区北1条西14丁目6番地ドコモ北海道ビル
東北 ドコモ5GオープンラボSendai 宮城県仙台市青葉区上杉1-1-2ドコモ東北ビル
東海 ドコモ5GオープンラボNagoya 愛知県名古屋市東区東桜1-1-10アーバンネット名古屋ビル
北陸 ドコモ5GオープンラボKanazawa 石川県金沢市西都一丁目5番地ドコモ金沢西都ビル
中国 ドコモ5GオープンラボHIROSHIMA 広島県広島市中区大手町四丁目1番8号ドコモ広島大手町ビル
四国 ドコモ5GオープンラボSHIKOKU 香川県高松市天神前9番1号ドコモ四国ビル
九州 ドコモ5GオープンラボFUKUOKA 福岡県福岡市中央区渡辺通2-6-1西鉄薬院駅ビル
中央 ドコモ5GオープンラボYotsuya 東京都新宿区新宿5-7-20ドコモ新四谷ビル地下1階
関西 ドコモ5GオープンラボOSAKA 大阪市北区梅田1-10-1梅田DTタワー
沖縄 ドコモ5GオープンラボOKINAWA 沖縄県那覇市銘苅2丁目3番1号メカル ヨン_ゴ(なは産業支援センター)
グアム ドコモ5Gオープンラボ GUAM 890 Marine Corps Drive Tamuning,Guam 96913

 

都道府県 名称 住所
東京 ドコモショップ五反田店 東京都品川区西五反田1-31-1 日本生命五反田ビル 1階
東京 ドコモショップ丸の内店 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル 1階
大阪府 ドコモショップグランフロント大阪店 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪ナレッジキャピタル 2階
愛知県 ドコモスマートフォンラウンジ名古屋 愛知県名古屋市中区栄3-4-6 サカエチカ クリスタル広場前 B1階

以上の地域からドコモでは5Gの利用が可能になるのではないかと予想されます。

KDDIの5Gはどこではじまる?免許取得地域

KDDIに関しては実証実験はかなりおこなっているという印象ですが、一方でドコモのようなプレサービスはまだ展開しておらず渋谷の実証実験データイベントのようなものが行われている状況です。

ドコモと比べるとまだまだ基地局がすくなく、電波の届く範囲が短いといわれている5Gでは下記の基地局だけでは不安が残ります。ただしLTEの設置をKDDIは進めていると先日の発表にありましたので3月にサービスが展開されるのが楽しみです。

一足先に5Gを見据えた新プランをauが発表「おもしろいほうの未来へ!」展開するauの方向性とは

地域 無線局の主な設置場所
関東 埼玉県(計4局)
中国 広島市(1局)
九州 福岡県(計6局)

ソフトバンクの5Gはどこではじまる?免許取得地域

日本で初めてプレサービスを展開したソフトバンクでしたが、前回のプレサービスに関しては割り当てが決定する前より計画していたサービスであったため、プレサービスではアンテナを別途設置して対応している状況でした。

日本初の5Gプレサービスをフジロックで開始したソフトバンク

計画では下記の4つのエリアにて基地局しているということです。

地域 無線局の主な設置場所
東北 福島県田村市(1局:予備免許)
関東 群馬県(1局:予備免許)
中国 広島県福山市(4局:予備免許)
九州 福岡県3局、宮崎県6局(計9局:予備免許)

いつから5Gサービスは安定して日本で利用できるようになるのか?

いつから5Gサービスがスタートするのかは気になるところではありますが、少なくとも他の国との兼ね合いなどから遅くとも来年度中にはスタートするのではないでしょうか。

一方で気になるところとしては、いつから5Gが本格化してくるのか?もしくは安定してくるのか?というところで予想していきたいと思います。

これに関してはアンテナの設置状況やディバイスの利用状況などからかなり予測は厳しいのですがIHS markitでは、2023年ごろにはアジアと北アメリカで10億人のユーザーに上ると2019年の7月時点で予想されています。

韓国は開始わずか140日間で100万人ユーザーを超え、半年には300万人の契約者となっています。一方で少し遅れて5Gが始まった中国では、予約だけですでに1000万人といわれています。アジアだけでも今2019年11月の段階で1300万人の契約者数に上っています。単純にあと2か月でどこまで増えるかにもよりますが、アジアだけだとおよそ韓国で100~200万人、中国で200~500万人が増えることが予想れます。結果、2019年だけで2000万人にもなり、日本も2020年から5Gがはじまるとしたら1億ユーザーはすぐに超えそうです。

日本の通信世代の移り変わりは10年周期となっています。つまり代替わりして5年がおおよそ安定しているといえなくもないですが、韓国や中国などのスピード感などを予測すると2023年ごろにはユーザー数も増えることで安定して利用できるのではないでしょうか。

アメリカや韓国、ヨーロッパでも続々と5Gサービス開始

韓国を皮切りにアメリカ、イギリスで次々に5Gサービスが開始されています。

韓国は2019年の4月5日にサービス開始、アメリカは3日後の4月11日にサービスが開始されました。それを追うようにヨーロッパのスイスでは4月17日にサービスが開始され人口の90%をカバーするという目標を掲げて5Gエリアを拡大中です。

一方で南米で最初の5Gの商用サービス導入を発表したのはウル外の国営電話公社ANTELが4月9日でした。

その後イギリスにおいても5月30日にベルフェスト、バーミンガム、カーディフ、エディンバラ、ロンドン、マンチェスターの主要6都市にて5Gサービスの提供を開始いしました。

さらに2019年の5月22日にはオーストラリアにおいても5Gディバイスの5Gスマートハブのサービスが開始されました。

アンテナ設置業者に聞いてみた「いつから使える5G?」

この質問をとある三大キャリアの方にぶつけたい気持ちがあったのだが、いろいろな事情が絡むということで取材は今回することを断念しましたが個人的にお付き合いがあるアンテナ設置業者に聞いてきました。

アンテナ設置は、今急ピッチで5Gだけでなく4G・LTEのアンテナも増やしている状況であるということでした。ただ、このままのアンテナ数ではまだまだ影響範囲の狭い5Gはカバーできないのではないかという見解でした。はっきりとした明言は避けていましたが

2020年の春ごろは厳しいのでは?

という気持ちであったようです。他にも疑問点を他サイドから聞くと

5G対応の端末が圧倒的に少ない今ではないのでは?

ドコモが5Gスマホ3機種を発表!「ドコモ5Gオープンラボ」で体感せよ!

というところでアンテナと利用機種の2つの問題でなかなかスタートしないのではないか?という点ですが2020年のオリンピックでの5Gを利用すると国として掲げている以上、夏までには整備がされることは固いのではないでしょうか。

まとめ

5Gはいつから日本ではじまるかというと2020年の春からであるというのが今最有力候補であり3月というのが一番の目安でもあります。この目安に対して期待値は高まっている状況です。この期待値をどのキャリアが先に獲得できるのかで今後の5Gシェア率が変わってくるといっても過言ではないように思います。

今後も5Gチョイスでは最新の日本を中心とした世界の5G関連情報を伝えてまいります。