5Gと美容業界の革命!新世代は資生堂が先駆け?

日々のスキンケア、皆さんはどのように行っていますか?
仕事で忙しい方も、育児に追われているお母さんも、SNSやニュースなどでトレンドになっている化粧品を片っ端から試しているかもしれません。はたまた、合間を縫ってエステに通っているという方もいらっしゃると思います。

今や家電までもがIoT化の進んでいる時代です。美容業界も5Gを利活用した最新サービスを展開していくことでしょう。

今後、美容業界はどのように進化していくのでしょうか?また、5Gはどのように活用されていくのでしょうか?その真相に迫っていきたいと思います。

資生堂の新たなスキンケアサービスOptuneとは

資生堂が昨年7月に発表したOptuneは、日々の肌の状態、体のリズム、気分に加え、天候などの外部要因を加味した約8万通りのパターンから、最適なケアができるIoTスキンケアサービスです。

このサービスは2018年3月に発売されたβ版が販売予定数の10倍に上る応募が寄せられ、第2期の追加販売を実施するなどの反響を呼んでいます。

利用者は、資生堂が貸し出しをする専用機器と手持ちのスマートフォンをインターネット接続で連携して、朝と晩の肌状態を撮影していきます。すると、クラウド上に蓄積された分析パターンで瞬時にその日の状態を分析し、2ステップの保湿液がマシンから抽出されるのです。

上記のような仕組みで分析、ケアを行い、より効率的なお手入れができるようになります。

IoT美容マシンに5Gがもたらす利点

Optuneは資生堂によるOptune専用アプリ『Optune app』を利用し、スマートフォンのカメラ機能を用いて肌を撮影するだけで、水分量、 きめ、皮脂量、毛穴の目立ちなどの肌の状態を知ることができます。

また、睡眠の質を分析する機能もあり、それに伴う体内の乱れも感知して翌日のスキンケアの調整に反映されます。日々、肌と肌環境に関するデータを分析し、必要なケアを決定していくのです。

現在は約8万パターンとされる抽出パターンも、β版発売時は1000通りだったことから、今後も増えていくことが予想されます。もちろんデータ容量も大きくなっていくでしょう。

Wi-Fiではカバーできない大容量の通信も5Gであれば瞬時のダウンロードが可能になるため、ストレスなくより効率的なスキンケアが行えるといえます。

また、5Gは360度自由角度での確認が可能になり、人物がまるで部屋にいるかのような世界を実現することができます。日々の肌状態の分析やお手入れにVR/ARを使用することで、店舗のみのレクチャーだけでなく場所や時間を選ばずに専門家のアドバイスをもらうこともできるようになります。

5G対応のIoT美容家電の普及

ご紹介した資生堂Optune以外にもIoT美容家電を少しご紹介します。

スマートミラー

パナソニックも開発中だというスマートミラーは、鏡とタブレットが組み合わさったもので、インターネットに接続をして使用します。タブレットのセンサーやカメラで撮影されたお顔の画像をもとに、肌分析やメイクアップのアドバイスをもらうことも可能です。

また、美容目的だけでなく、メイクをしながらニュースを見ることもでき、時間の有効活用につながります。

ちなみに2019年9月に、大阪府住之江区に建築された新築分譲マンションの洗面台には、日本で初めてスマートミラーが導入されているとのことです。

https://www.iotsmarthome.jp/100899.html

・美顔器
美容家電の中でも、家電量販店や薬局などにも気軽に販売されているのが美顔器。その美顔器もIoT化されてきており、肌の分析も手元からスマートにできるようになっています。

中にはスマートフォンに機器を取り付けて、スマートフォン自体が美顔器に早変わりするというようなまったく新しい形の美顔器も登場してきています。

美容電化製品のIoT化の課題とは

最近では無人のエステサロン、セルフエステなどの施設も増えてきており、東京都ではすでに6社のサロンが都内各地に展開しています。
スキマ時間を有効に、そして、気軽にというのが女性のニーズになっていることがうかがえます。

ただ、施設や自宅内IoT化に向けてのインフラの設備は整っているのでしょうか?美容器具だけではなく、他の家電製品もIoT化が進んでいます。沢山の家電をインターネットに接続する場合は、同時多接続が可能な5Gを利用することが推奨されるでしょう。

利用者のニーズに応えた商品の開発とともに、今後もインフラ整備という課題は付きまとってきそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?5Gの利用開始に伴って、IoTを活用した美容機器も増えていくことが予想されます。

海外ではすでにAi機能を搭載した美容機器も開発されており、特に中国では、医療用水準を満たしているとの説明があるほど高性能のAi肌診断機が発表されています。

ご紹介したスマートミラーも、中国が先進国なのだそうです。それも、ここ数年で多機能化してきた自撮りアプリの開発から培った画像処理技術は、海外でも評価が高いからだといいます。

日々のお肌の手入れも5GやIoTをうまく活用することで、よりスマートな生活を送ることが可能になっていきます。5Gは美容業界の未来にも大きな革命を起こしていくでしょう。