iPhoneが5Gに対応するのはいつ?iPhoneユーザーが上手に5Gスマホに乗り換えるために

先日appleより新型iPhone『iPhoneSE2』が発表され、その安さとスペックの高さで話題になりました。ところが従来より噂されていた5G通信の対応iPhoneではなかったので、iPhoneユーザーはいつ新しいiPhoneを購入すればよいのかと検討している方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事ではiPhoneの5G対応の時期の予想と、iPhoneユーザーがの5Gスマホに乗り換えるべきタイミングについて言及してまいります。

iPhoneユーザーで5Gスマホへの乗換を検討されている方、iPhoneの5G対応を心待ちにしているという方は是非参考にしてください。

iPhoneの5G対応は今秋で値段は据え置き?

2020年5月中旬時点では、Appleから5G対応のiPhoneは発売されておらず、昨秋に発売されたiPhone11iPhone 11 Pro/Maxはもちろん、最新のiPhoneSE2など、これまでに発売されたiPhoneはいずれも5Gには非対応となっています。

中には、『iPhoneが5Gに対応すれば、どの機種でもSIMの差し替え等を行えば5Gを利用できるのでは』と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、5Gは5G対応のスマホでないと利用することはできません。

そこで気になるのが『5Gに対応したiPhoneはいつ発売するのか』というところです。

5G対応のiPhoneは今秋に発売の予想

これまでのiPhoneのアップグレードの歴を見てみると、iPhone8からiPhoneXへはfaceIDが搭載されたり、画面自体も大きな変化があったのに対して、iPhoneXからiPhone11のアップグレードは背面カメラの一新以外はほとんど手が加えられていませんでした。

1種おきに大きな変化があることから、『iPhone12(仮)』は大きなアップグレードがあるだろうと予想されています。その大きな変化の1つこそ、5G対応である可能性が高いと言えます。

現時点で予想されているiPhone12における5G対応機種ですが、中堅証券会社サスケハナ・フィナンシャル・グループのアナリストの予測では、2020年9月にサブ6GHz対応モデル、12月~1月にミリ波対応モデルという2段階の発売スケジュールになると述べていました。5G対応iPhoneは、サブ6GHzのみ対応モデルと、サブ6GHz+ミリ波モデルに分かれているとなると、新製品開発の複雑さも高いため、具体的にどういったスケジュールになるかは、現時点では予想でしかありません。

ただ、一つ言えるのは、サブ6GHz+ミリ波モデルは、『大容量で高速だが、通信エリアが限られやすいミリ波』と『広範囲でつながりやすいが、速度がミリ波には及ばないサブ6GHz』の恩恵を同時に受けられるということです。

5G対応iPhoneの価格予想は

現状、3月の5Gサービス開始と同時に発売された5Gスマホが各キャリアで販売されておりますが、通常のスマホと大きな価格帯の差はありませんでした。というのも、5G対応に下からといってあまりにも値段がはねあがりすぎると、5Gが思うように普及しないからでしょう。

有名アナリスト、ミンチー・クオ氏が公開した予測ではiPhone12のデザインはiPhone4のようなメタルフレームを採用することで、5G対応によって跳ね上がるコストを抑えると述べています。

価格はほぼ据え置きになるという説が有力説と言えそうです。

5G対応のiPhoneでできること

では、iPhoneが5G対応になることでどのようなことができるようになるのでしょうか。

カメラ機能のさらなる向上

iPhoneはiPhone11等でもカメラ機能が向上したことで人気を集めておりました。5G対応になるタイミングで、画像だけでなく動画の解像度も更にアップデートされるでしょう。また、5G通信は高速で大容量の通信が可能になることから、高画質な動画の撮影や友人同士での動画や画像のやり取りがスムーズになることが予想されます。

iPhoneユーザー同士で動画や画像のやり取りがスムーズにできる機能『エアードロップ』でも、瞬時にダウンロード、アップロードが可能になるでしょう。

VRやARを活用したコンテンツを利用することができる

iPhoneが5Gに対応することで、それに付随したVRやAR等のコンテンツも同時にリリースされることが予想されます。ライブやスポーツ、ゲーム、映像作品などさまざまなものが提供されるでしょう。5Gの高速・大容量通信と低遅延により、自分の動きと映像にタイムラグを起こりにくくすることが可能です。このタイムラグをなくすことは、VR酔いを減らすことにもつながります。

混雑した場所でもスムーズな通信ができる

4Gでは、イベント会場や混雑する観光地など人がたくさんいる場所ではスマートフォンがネットワークになかなかつながらないこともありました。メッセージアプリやメールは通信可能でも、Webページや動画は読み込みに時間がかかり、タイムアウトのエラーが出たという経験をされた方も少なくないのではないでしょうか。5Gでは、人がたくさんいる場所でもほかの場所と同じようにスムーズにネットワークを使うことができます。動画のような大容量のコンテンツもストレスなくダウンロードが可能です。

クラウドゲームコンテンツを楽しむことができる

iPhoneをはじめ、スマートフォンが5Gに対応することで、動画や音楽のダウンロードが瞬時に行えるということはもとより、クラウドベースのゲームもスマートフォンでタイムラグなく楽しむことができるようになるとされています。クラウドゲームはゲーム機本体が不要で、スマホなどのデバイスさえあればプレーできるのが大きなメリットです。通信環境が進化することでどのユーザもストレスなく楽しむことができれば、市場は大きく広がると予想されており、iPhoneで簡単にできるクラウドゲームコンテンツ等が追加される可能性もあるかもしれません。

iPhoneユーザーが5Gスマホに乗り換えるタイミングと注意点

iPhoneユーザーは、5Gスマホが続々と登場している中、iPhoneが5Gに対応するのをじっと待っているという方も多いでしょう。

ここからはiPhoneユーザーが5Gスマホに乗り換えるべきタイミングと注意点について解説してまいります。

5Gに乗り換えたいiPhoneユーザーは秋に乗り換えるべき

5Gスマホに乗り換えたいと考えているiPhoneユーザーはもし仮に秋発売のiPhoneが5G対応なのであれば、今秋に乗り換えるのがおすすめです。

というのも、次まで待ってもこれまでのiPhoneのスペックの変化からみて、次回発売のiPhoneと、今秋発売のiPhoneにはあまり変化がないと予想されるからです。

できるだけ早く5Gに変更したいと考えている方は、今秋のiPhoneが5G対応だった場合今秋に5Gスマホへと乗り換えるのが良いでしょう。

更に、5G駆け出しとして、各社5G乗換キャンペーンや割引サービスなども合わせて多数打ち出してくる可能性もありますので、『5G駆け出し期間』のうちに5Gスマホに変更しておくとオトクに乗換できるかもしれません。

5G対応エリアについては経過観察が必要

ただ、5G対応のiPhoneに乗り換えたとしても、当然5G通信に対応したエリアでないと5G通信を利用することができないわけです。

ですので、iPhone限ったことではありませんが、5Gスマホに変更するときは、しっかりと居住地域等が5G対応になっているか、もしくは近々なるよていなのかという点をしっかり確認しておく必要がありそうです。

まとめ

本記事の内容をまとめますと、あくまでも予想ですがiPhoneが5Gに対応するのは今秋なのではないかということ、そして乗り換えるなら各社のサービス展開等も比較しながら5G駆け出し時期である今秋のうちがおすすめであるということです。

3月末から5Gサービスが開始され、それに伴い5Gスマホも続々と販売され始めていますが、どの5Gスマホもカメラ機能の向上や画質アップなどが主な変化点であるとされています。ただ、iPhoneはAndroidとは全く違う性質をもったスマートフォンになりますので、カメラ機能の向上はもちろんあるかもしれませんが、それらと合わせて独自のサービス展開などを期待できるかもしれません。

iPhoneユーザーで5G対応のiPhoneの購入を検討している方は、今秋の発表に期待しておいてみてはいかがでしょうか。