スマホにおける5Gのメリットとデメリットとは?

5Gのサービスが開始されるということは、経済界においてはかなりの特異点になることは間違いないのですが、実際5Gを携帯・スマホで利用する場合におけるメリットはいったい何なのでしょうか。今回は、2020年春から各三大キャリアから5Gのサービスが提供される予定ですが、実際に5G対応のスマートフォンに変更することによるメリットおよびデメリットについて検討していきたいと思います。

そもそも5Gのメリットとデメリットとは

スマートフォン、スマホが5Gになることのメリットやデメリットの前に、そもそも5Gのメリットやデメリットについてまずは触れたいと思います。

5G(第5世代移動通信システム)のメリットとは

5G回線に切り替わることによってのメリットというのはある意味、5Gの特徴とも同意語でもあるかと思います。

  • 超高速化
  • 超多同時接続
  • 超低遅延

この三つが5Gの特徴であり、5Gのメリットに大きく関連してくるところです。一番重要なポイントは、超高速化が実現するという点です。今までの速度の100倍ともいわれています。

この超高速化により、Webを介して見ていた様々なデータ量をより大きな容量とスピードで確認することができるようになります。例えば、動画やゲームなどの膨大なデータ量を一瞬で送ることが可能になります。

さらに5Gが普及にすることにより今までよりもはるかに多くのモノがインターネットに接続されやすい時代に突入してきます。つまりIoT商品が今後もさらに開発されやすい環境になってくるということです。

スマホ5Gのメリット1:高速ダウンロードが実現

5Gのスマートフォンの一番のメリットは、高速通信を利用したアプリケーションなどの高速ダウンロードができるようになるという点ではないでしょうか。

今まで4G・LTEのスマートフォンの場合、高解像度のグラフィックを使ったゲームなどのアプリケーションなどをダウンロードする際にWiFiでなければ時間がかかったりダウンロードの途中で接続が切れて何度もやりなおすということがなくなります。

5Gの回線が安定しているところであれば、1GB以上のアプリケーションも事実数秒でダウンロードできるという実績がつい先日5Gのサービスが開始されたロンドでもYoutubeの動画にアップされています。

2019年の5月末からサービスが開始されたロンドンでも7月からボーダフォンでも5Gのサービスが開始されていますが、こちらの映像はボーダフォンを利用してのスピードテストを行っています。2GBのゲームをダウンロードするのに5Gの場合は1分40秒に対して4Gは約10倍の12分24秒の時間がかかっています。

スマホ5Gのメリット2:音楽・映像配信サービスの高速化

先ほどの映像にもありますが、5Gの高速回線を利用したネット上からの音楽配信サービスや映像配信サービスなどを通信の断絶を気にすることなくコンテンツを楽しむことが可能になります。

4Gであれば、Youtubeや動画をストリーミング再生で見ている場合ローディング中となって止まってしまうケースはよくある話ですが、5Gの通信回線が安定しているところであれば問題なく動画のストリーミングサービスを楽しむことができます。

コンテンツを制作している側からすれば、ある意味このような映像コンテンツの需要が増えてくるといえます。

スマホ5Gのメリット3:オンラインゲーム・ゲームストリーミングサービス

スマホでのオンラインゲームも同様に高解像度の映像をつかったゲームを今後映像が更新がとまることなく、低遅延でオンライン上のゲームを楽しむことが可能になってきます。

現在のオンラインゲームにおいては、通信が断絶することを念頭においたゲーム設計でありローディングなどに時間がかかってしまったりします。対戦ゲームであればなおさらお互いの通信スピードに影響を及ぼしてしまいます。

しかし、5Gの特徴の1つでもある低遅延技術を利用した今後オンラインゲームが開発されればまさに今この場にいるようなヴァーチャルからリアルの体験をすることができるゲームを今後楽しむことができるかもしれません。

さらに、スマホでゲームをするときに気になるのがゲーム自体をダウンロードするときに必要になってくるストレージ、容量の問題がありますが、5Gになることでこの容量問題も解決することが可能になります。

それは動画配信サービスと同様の、ゲームのストリーミングサービスが展開されるからです。

スマホ5Gのデメリット1:5G対応の機種に変更(購入)しなくてはいけない

スマホの5Gのメリットを話ましたが、次はスマホにおける5Gのデメリットについて言及してまいります。

スマホを5G対応にするためには、当然5G対応のスマートフォンに変更する必要があります。今日本で発売されているスマートフォンで、5G対応というのはありません。

つまり、5Gを利用するためには対応の機種にスマートフォンを変更する必要があります。

現在、世界の5G市場に出回っている5G対応のスマートフォンはいずれも10万円をこえる機種のモノばかりです。3大キャリアであれば、機種代を分割にできるサービスなどがあるのでこちらに今後期待したいところではあります。

一方で、このデメリットを回避する方法として期待できるのは、Wi-Fiサービスです。現状のスマホに対してWi-Fiサービスということで少し手間を感じるかもしれませんが大容量・高速通信を行う上でモバイルWi-Fiルーターのサービス、機体はスマホよりかは安くで購入することが可能であるかと思います。

スマホ5Gのデメリット2:通信料金が高くなる

アメリカの通信業界の5Gの値段は、5Gを利用する場合にはプランに+10ドル前後を追加するというものですので日本でも通信プランは高くなることが予想されます。

現状として、格安Simなどを利用している場合であれば5Gを利用したいということであれば単純に倍くらいの値段に跳ね上がる可能性があります。また機種も別途購入という形になるのでプラン+分割機種代金で倍以上の値段がかさむことが予想されます。

※各キャリアからスマホの料金体系やサービス内容について公式発表がありましたので下記記事をそれぞれご覧ください。

ソフトバンク、5Gサービスが2年間無料で利用できるサービスを発表!5G対応スマホは4種類発売予定

ドコモが5Gサービスプランを公式発表!スマホにおける利用料金や端末、5G対応エリアの詳細は?

KDDIもついに3月26日から5G開始!料金と対応スマホ、エリアの詳細まとめ

その他気になる5G対応のスマホのあれこれ

5G対応のスマートフォンに対するメリット、デメリットをご紹介しましたが、その他にも気になる5G対応のスマートフォン。

今ちまたで気になっていることとするならば、上記のデメリット以外には通信状態がアンテナや周波数の問題により安定的ではないのではないか?ということです。実際に5Gが利用される電波は直進性が弱いいわれており、建物や壁だけでなく人も障害物になりうるといわれています。

この点を改善するために今までよりも多くのアンテナを立てて対応するというものですが、アンテナにより人体被害も出てくるのではないかという情報も錯そうしている状況です。この点については明確ではなく、上記のメリット・デメリットに関しても憶測の域でしかありませんので今後も情報開示され次第追記していきたいと思います。

まとめ

スマートフォンにおける5Gのメリットとデメリットについて理解していただけたでしょうか。経済やビジネスとしての5Gの動きは今までにないくらい革新的なことになることが予想されますが、現状私たちが利用しているスマホにとっての5GというのはLTE同様にスピードが速くなるだけと感じる方も少なくないのかもしれません。

しかし、5Gにおける通信速度の改善は3Gから4Gの変化のレベルではありません。超高速通信が実現するものは配信コンテンツを大きく変化していきます。そして5G対応でなければ楽しめないコンテンツが次々にリリースされてくることが予想されます。スマホで5Gにするメリットよりも、5Gに変更しないデメリットのほうが今後大きくなってくるのではないでしょうか。